写真の整理をしたら


デジタルカメラになってからあまりプリントをしなくなりました。
その代わりにパソコンには写真のデータがたくさん溜まってしまっています。
でも、このデータは撮影した日でまとまっているので、
あとで見るときにもそれほど困ることはありません。

それよりも以前のプリントした写真が未整理のまま箱の中に放り込まれていて
ずっと気になっていました。

そこで意を決して、すべてをデータ化することにしました。
いったいどの位時間がかかるか見当もつかない量でしたが、やると決めたらすぐに実行!

この際にと、分厚いアルバムに貼ってあった古い写真も剥がして、
全部を年代別に並べ替えて、古いものから順にスキャナーで取り込んでいきました。

毎日毎日数時間、仕事のようにデータ化をしていきました。
見かねたツレも手伝ってくれて、約2か月ほどかかって完成しました。

時間がかかったので、終わったときにはとても達成感がありました。

写真をデータ化してから、以前より写真を見る機会が増えました。
わざわざ写真を引っ張り出して来なくても、パソコンでいつでも見られます。

そしてもうひとつ、いいことがありました。
ツレは地方から上京してきて、兄姉は故郷にいます。

兄姉はとても仲が良くて、遠くにいるツレをとても気にかけてくれています。
そこで、私はひらめきました。
ツレ家の古い写真を1冊のフォトアルバムにして贈ろうと。

生まれた家が映っている写真がありました。
兄たちの若い頃の写真もありました。
亡くなった義両親が映っている写真もありました。
近年、兄たちと一緒に行った旅行の写真もよく映っています。

これらの中から厳選して小さなフォトアルバムを作りました。
表紙は故郷の景色にして、我ながらナイスアイディアです。


これを見た兄たちからは喜びの電話がかかってきました。
姉は涙を流しながら見たそうです。

それを聞いて私もとっても嬉しかったです。
頑張った甲斐がありました。

写真の整理を始めたことから、思わぬ兄姉孝行ができた話でした。




Copyright © 2016 ノンビリゆっくり二人暮らし All Rights Reserved.