10年日記を始めました


毎年日記帳を買って少しずつその日の出来事を書いていました。
でも、いつも3日坊主。
長く続いても1か月・・・
毎回日記帳はほとんどが真っ白のまましまい込んでいました。

そこで今回は10年日記帳に挑戦することにしました。
10年日記帳とは、1ページに10年分の同じ日付の日記を書くものです。
1日の量はほんの数行程度。
これなら続けられそうな気がします。

10年日記だと毎年日記帳を買う手間が省ける上に、
空白の日が多少あっても、まさか10年毎日空白にするのは抵抗があります。
これは自分に「書かせる」圧力になりそうだと思いました。

これだと、日記を付け忘れる前提でこれを選んだのがバレてしまいますね。

毎年同じ日付は同じページに書くと、季節ごとの用事などがひと目で分かるので
翌年からの生活の参考になります。

例えば、我が家は毎年文化の日に航空祭に行くのですが、
基地に着いてからいつも思うのです。
サングラスをしてくればよかった!とか、
下に座るときにはシートだけでなくクッションも必要だった、とか。

こういうことも日記に書いておけば、翌年からは行く前に準備ができるわけです。


ちょっと分厚い日記帳ですが、
これからの10年間大切に使っていこうと思います。

実はずいぶん前に一度10年日記を書いたことがあります。
その時は、可愛がっていた愛犬が死んでしまったことで、
その日以降その日記が書けなくなっていました。

今度はそんなことがないことを願っています。
10年後に書くときに、自分はどうなっているだろうと思うと
少し怖いような気もしますが。。。





Copyright © 2016 ノンビリゆっくり二人暮らし All Rights Reserved.